透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記1巻【ネタバレ感想】

透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記 

こんにちは!マイコです。

沖田×華先生の「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」を読みました。

すごく衝撃をうけたので、感想を紹介しますね。

ネタバレがありますので、知りたくない方は、

先に無料試し読みで読んでおいてくださいね。

   
      無料試し読みはコチラ
      ↓    ↓    ↓
   >>>>> まんが王国 <<<<<
サイト内で「情熱のアレ」で検索してください。

 

「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」あらすじ

 

これは、x華先生が、産婦人科医院で看護師の見習いをしていたときの

産婦人科の実際の出来事が漫画に描かれています。

産婦人科での出来事では、両親に望まれて子供が産まれてくることが、

必ずしも当然ではないことが多々あるそうです。

「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」では、

人工妊娠中絶や不倫相手の子供を妊娠し出産するもいらないと思う母や

望まない妊娠で健康診断も受けないままに出産し、

子供をおいて逃げるケースなどが描かれています。

絵はシンプルでそんなに緻密には描かれていませんが、

題材が題材なだけに、そのシンプルさがうまく話の内容を引き立てています。

 

「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」感想

話の構成は1話ずつ、中絶や望まない妊娠などについて書かれ、

内容は考えさせられるものばかりです。

特に印象に残ったのは1巻で描かれている、

人工妊娠中絶で母親の体から取り出された「さっきまで生きていた胎児」を

処理して業者に渡すシーンです。

 

ここでは、主人公が胎児をケースにいれてから業者に渡す前に、

窓越しに外の世界を見せてあげ、次は産まれてこられるといいね、

などの声をかけてあげるシーンがとても印象的でした。

 

取り出された胎児がどのように処分されていくのかは、

実際に携った人にしかわからない内容であり、

私は以前から気になっていたので勉強にもなりました。

 

また主人公は今まで母親の中で生きていた、

母親の意思によって産まれてくることができなかった胎児を

処分するという残酷な仕事につきながらも、

この仕事にやりがいをもって勤める姿に感動しました。

 

主人公×華は夫が植物状態になり医療者不振に陥っている、

いつも怒ってくる妊婦さんにはじめはとまどい、

恐れを感じてミスを連発してしまいます。

 

私たちにも、この主人公と同じことがありますよね。

怖い先輩や上司が視界に入ると萎縮してしまい、本領を発揮できなかったということが。。。

 

それでも×華はこの妊婦さんのそばに寄り添い、

自分が怒られることによってこの妊婦さんの心のケアを行いました。

こういった心のケアも産婦人科ナースに限ったことではなく、

看護師がおこなうべき仕事なんですね。。。

 

看護師の仕事はつくづく大変だなぁと思います。。。

 

 

 

つづきは>>こちら<<

「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」と検索♪

 

 

ネタバレはこちら
>>「骨の髄まで私に尽くせ」<<
 

   

 

ネタバレはこちら 
>> 「ブスが7億円もらったら」<<

 

ネタバレはこちら >>「金魚妻」<<

 

 

ネタバレはこちら  
>>「復讐の未亡人」<<

 

 

 

 

 

ネタバレはこちら
>>「外道の歌」<<

 

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

 

ネタバレはこちら>>善悪の屑<<

 

 

ネタバレはこちら
>>「セブンティウイザン」<<

 

 

続きはこちら  
>>「復讐の未亡人」<<

 

 

ネタバレはこちら
>>「悲しい人魚姫」<<

 

 

ネタバレはこちら
>>「金魚妻」<<

 

 

ネタバレはこちら
>>「食糧人類」<<

 

 

ネタバレはこちら
>>「整形中毒の女」<<

 

 

ネタバレはこちら
>>「まんがグリム童話 大奥の秘事作法」<<

 

 

ネタバレはこちら
>>「僧侶と交わる色欲の夜に…」<<